複数プラットフォームに「マルチ配信」する方法。Podcastに同期できるアプリは?

近年はネット記事やニュースでも音声配信の話題を目にすることが増えてきました。

音声配信は動画と比べて、簡単に収録・配信できるのが最大のメリットです。

顔出しが必要ないなど心理的なハードルも低いので、企業Podcastだけでなく、個人でも始める人が増えてきています。

 

どのサービス(アプリ)を使う?

音声配信を始めるとき、最初に悩むこと。

それが「どのプラットフォーム(アプリ)で配信するか」だと思います。

 

キャスオくん
キャスオくん

やっぱり定番のPodcastかな?

音子さん
音子さん

でも、stand.fmが人気みたいだし、Radiotalkも気になるな・・・

 

現在、数多くの音声配信サービスがあります。

  • stand.fm
  • Radiotalk
  • Rec
  • HIMALAYA
  • Anchor
  • Podcast(Apple、Google、Spotify)

上記は一部です。他にもたくさんの音声配信サービスがあります。

選択肢が多すぎて、迷ってしまいますよね。

それぞれ魅力的なサービスがあるし、それぞれアプリの特徴やユーザー層にも違いがあります。

 

 

音子さん
音子さん

こんなにたくさんあるサービスの中から一つだけ選ぶなんて、できないよ〜!

キャスオくん
キャスオくん

いろんなアプリで同時に配信することはできないの?

 

そんなふうに思っている人も多いのではないでしょうか。

この記事ではそんな悩みの解決策をお伝えします。

 

この記事の内容

 

  • マルチ配信とは?
  • 複数のプラットフォームに配信する方法
  • マルチ配信のメリットとデメリット
  • 独立系アプリにもPodcast配信できる

 

このブログは音声配信について色んな切り口で記事を書いています。

全体像として音声配信の概要をつかみたい方は、最初に以下のまとめ記事をご覧ください。

 

 

詳しく調べて比較する時間がないから、とにかくおすすめを教えて!という方は以下の記事をどうぞ。

 

複数アプリで同時配信する=マルチ配信

 

プラットフォーム選択の悩みを解決する方法、それは「複数のプラットフォームで配信する」

いわゆる「マルチ配信」です。

これなら、同じ放送を複数のアプリで同時に配信することが可能です。

キャスオくん
キャスオくん

え?

そんなことできるの?

 

条件や制限はありますが、複数配信は割と簡単にできます。

実際にマルチ配信する人も増えています。

 

管理人ラジオの例

当サイト管理人いわみがやっている『メタ音声配信ラジオ』も、複数のプラットフォームに同時配信しています。

 

こちらは stand.fm の配信です。

 

同じ内容をRadiotalkにも配信しています。

 

音楽聴き放題サービスのSpotifyでもPodcastが聴けます。何気にけっこう再生されてます。

 

 

マルチ配信とは?

マルチ配信は「複数のプラットフォームに同時に配信する」です。

元々はYouTubeなどのライブ配信を複数メディアに同時配信することを指す呼び名ですが、音声配信を複数配信することも「マルチ配信」になります。

 

音声配信をマルチ配信する方法

複数のプラットフォームにマルチ配信するには、以下の方法があります。

  1. マルチ配信可能なプラットホームを使う
  2. 手動で音声ファイルをアップロードする
  3. 複数台のデバイスを使ってそれぞれ収録する

 

 

①が最も簡単かつオススメの方法です。詳しくは次項に。

 

②は、従来のPodcast配信方法です。mp3音源をサーバーにアップロードして、そこからRSSという仕組みを使って配信するのが従来型のPodcastの配信方法です。(Podcastは今も基本的には同じです)

Podcastの特徴などは下記の記事で詳しく書いています。

 

③は複数のデバイスを使う方法。スマホを2台使うなど物理的に複数配信するやり方です。

 

以下、それぞれの詳しい方法やメリットデメリットについて書いていきます。

 

マルチ配信できるプラットフォームを使う

 

「自動でマルチ配信してくれる」という超便利な機能を持つサービスは、現在では次の2つです。

  • Radiotalk
  • Anchor

 

キャスオくん
キャスオくん

自動で複数配信してくれるなんて便利だね!

はい。とても便利です。

 

RadioTalk

RadioTalkでは、各Podcast(Apple、Google、Spotify)へのマルチ配信することが可能です。

  

RadioTalk(ラジオトーク)は、比較的早くからサービスを提供(2018年)している日本発の音声配信プラットフォームで、複数のPodcastに自動配信してくれる機能があります。

  • Apple Podcast
  • Google Podcast
  • Spotify Podcast
  • HIMALAYA(※RSSではない)

 

最初に設定さえしておけば、メインのRadiotalk以外に3Podcastに加えてHIMALAYA(ヒマラヤ)にも配信してくれます。

これはかなり便利です。

 

 リンク:RadioTalkとAnchor.fmで同時配信の設定方法

 

Anchor.fm

アンカーは世界中にユーザーを持つ海外のアプリです。

数年前に音楽サブスクサービスのSpotify(スポティファイ)に買収されたことでも有名です。

Anchorは英語アプリ

アンカーの使い方はこのサイトが分かりやすいと思います。

 

複数デバイスを使って収録

複数配信のもっとも原始的な方法といえるのが③。つまり、スマホを2台(またはそれ以上)使って、それぞれのプラットフォームで収録・配信するというもの。

 

そんなの面倒だな…と思いますか?

確かに面倒です(笑)

でも、この方法でないと配信できないプラットフォームもあります。

 

例えばRadiotalkと stand.fmの両方で配信したい場合は、物理的に複数デバイスを使う以外の方法はありません。

(Radiotalkは外部ファイルに対応していないので)

 

複数配信のメリットは「多くの人に届く」

複数配信することの利点はなんといっても「たくさんのユーザーに届けられること」です。

1つのアプリだけで配信するより、3つのアプリで同時に配信すれば、単純計算で3倍のユーザーにあなたの配信を届けることが可能です。

 

もちろん、「届けられる」ことと「実際に聞いてもらえる」は別物です。

いくらリーチできるからといっても、そのコンテンツが聞き手にとって必要でなければ(または興味を持たれなければ)タイトルやアイキャッチ画像を見ただけで、スルーされてしまうユーザーが大半でしょう。

 

なので、ある程度は聞くに耐えうるコンテンツを発信していることが前提にはなります。

それでも届けられるユーザーの数(ビジネス用語でいうところの「見込み顧客」)は多いに越したことはありません。

 

複数配信のデメリットは「手間がかかる」

できるならやるに越したことはない複数配信ですが、

「手間がかかる」というデメリットがあります。

 

唯一のデメリットではありますが、実際に複数配信をやっている管理人の感想を言わせていただければ、「けっこう面倒くさい」です。

 

自動でできるマルチ配信は、最初に設定してしまえば後は勝手にやってくれるのでラクですが、手動の場合は違います。

毎回スマホを2台、それぞれのアプリを立ち上げて収録をして、編集やテキスト入力などの手間も2倍かかります。

 

複数配信の効果はあるの?

キャスオくん
キャスオくん

手動で手間をかけて複数配信をして、それで効果はあるの?

つまり再生数は増えているの?

 

外部ファイルがアップロードできないプラットフォーム

  • RadioTalk

数ある音声配信プラットフォーム中でも、この2つのアプリだけは、音声ファイルのアップロードに対応していません。(理由は不明)

なので、上記のアプリを含む複数配信をしたい場合は「複数デバイスを使って収録」するしか今のところは方法はありません。

 

管理人はRadioTalkとstand.fmに両方配信したいので、スマホを2台使って収録しています。

2台のスマホを使って収録。左はstand.fm1、右がRadiotalk。

コメント

タイトルとURLをコピーしました